緑のレンジャー

”緑のレンジャー”は、平成15年(2003年)8月に結成され、今年で16年目を迎えます。

”緑の帽子に緑のジャンパー姿”のレンジャーは、約40名の地域住民のボランティア会員によって構成され、町の見守りを中心に活動をしています。

(1)中町小学校児童の見守り【毎日】

 通学路の危険地点にレンジャーを配置し、毎朝、児童の安全誘導を行っています。

(2)新BOP、学童クラブのサポート【毎日】

 レンジャーが学校での出来事を聴きながら、児童を自宅まで送り届けます。

(3)町内巡回パトロール【毎週土曜日】

 レンジャー、保護者、児童が一緒に夜の町内を巡回パトロールし、防犯、防火活動に努めています。

(4)学校行事への参加、盆踊り、お祭り等のイベントでの警備【随時】

町内巡回パトロール(毎週土曜日)

”安心・安全な街づくり”を実現するため、毎週土曜日午後8時から、緑のレンジャー、住民、保護者、児童のメンバーでグループを組み、町内の巡回パトロールを行っています。

30年度は、参加者が久しぶりに1,000人の大台を超えたことから、1,000人目の参加者に記念品を贈呈しました。

本年度は、更に多くの方に参加して頂き、活動の輪を広げていきたいと思っています。

防犯情報リンク